泣くのは心のデトックス ̄(T_T) ̄

c0016642_15361417.jpg
映画の面白い話 その1
ハリウッド映画のオタクの人が言ってたのですが
ヒットする映画のシナリオの条件があって
自分で「岡田式」って言ってましたがw

10分目までが人物紹介
30分目   ピンチと動機
60分    立場が逆転
90分    クライマックスへ

ってシナリオだと必ずヒットするらしいです。 なかなか興味あるので
もし映画観たときに時間にも注意して観てみるもの面白いかも



映画の話 その2
映画を観て泣くことはとても体にいいことなのです それも「号泣」するのが
1,2分号泣した後と、ひと晩ぐっすり寝て起きた状態にスッキリするらしいです

泣けば泣くほどリラックスできていいのです。 人は夜7時から8時だと一番
感受性が強くなるらしいので6時過ぎぐらいからだといいみたいです

ところで泣ける映画は沢山ありますよね
「蛍の墓」 「私の頭の中の消しゴム」 「パッチギ」・・・
私はマンガ見てもすぐ泣くし戦争や感動の映画だと後でヘロヘロになるので
あえて避けてたのですが、たまにはタオル片手に映画みてもいいかなって

私が最近観た映画で泣いたのが「モリー先生との火曜日」心優しくなれる映画でした
みなさんも自分にとって一番泣いたな~って 泣ける映画あれば紹介してください
                。・゚゚・o(>0<)o・゚゚・。うぇぇん
[PR]
by takara-usagi | 2006-10-03 15:11 | 映画 / 演劇/ 本