先日チャイナペイント(チャイナは磁器のことで、それに絵を描く)を習ってる
お友達の先生が個展をするので見てきました
先生のお宅でしたが、予約制にもかかわらず二日間で200人を越えたそうです
部屋の調度品もマイセンも溜め息のでるほどでした。習いに行こうかな・・・

アトリエ スカーレット
初開講のマイセンセミナーに、日本から初めて参加した生徒第1号
国家資格陶磁器絵付け技能士一級取得
今は大阪から名古屋のノリタケに習いに通ってるそうです
とても勉強家で素晴らしい女性です


和食器も好きですが、綺麗な洋食器は絵画のようで見ているだけで
嬉しくなります。こんな気持ちは女の人ならわかってもらえるかな



c0016642_17473594.jpg先生とお話してお宅を出る頃には、会話も「ざーます」
言葉になっていました
すぐ影響されますが

どうみても、私が話すとピエールざますって感じになります(笑)
チャイナペイントはトレビあ~んなのね~ヾ ̄(  ̄▽)ゞおほほぉ~





             ― お友達と美味しいケーキと楽しい会話 ―
c0016642_17513329.jpg

                     本日のケーキセット
              全部一人で食べたわけではありませんからw
                 (上段和風ケーキと下洋風ケーキ)
              可愛くって美味しくって、これ私のお昼です♪
[PR]
by takara-usagi | 2006-11-12 18:29 | グラスリッツエンetc

あたたかい呑家♪

四月に知人が、お店を出すことになりました
ガソスタの所長をしていて、所長で充分楽勝なのに
ずっと夢であったお店を持ちたくて、あえて大変な道を選びました
ガソスタからは、引きとめられて辞めれず しばらくは
ガソスタとお店の二足のわらじってことに・・・(ー'`ー;)う~ん大丈夫か~?

お店は、前の持ち主がケーキ屋だったのでウッディな内装で あまり手を入れなくても
よさそうで 1F カウンター 2F 座敷にして、洋風居酒屋?キッチンって感じで
夜からショットバーになります

みんなが集まる温かい家で、遊食呑家 「 暖 DAN 」って屋号なのですが
その屋号のロゴを、いつも私のブログにコメント下さる一休さんこと、私の絵手紙の師
皋石先生にお願いしました。 いろいろと字体に注文をつけたにもかかわらず
とても素敵なロゴを考え書いていただき知人も大感激しました。
c0016642_22151512.jpg

皋石先生の活躍は、松原のぶえさんの歌番組で、後ろに七福神の凧の絵が出たり
演歌歌手のCDジャケットとか、昨年はK-1のゲーリー・グッドリッチのロゴ
(Tシャツ・パーカー・グッズ) など教室以外にも、幅広くご活躍されています

ロゴが出来たので、今グラスリッツエンを頼まれて削っています
お店の灰皿にロゴを入れて欲しいってことで・・・大小の灰皿をとりあえず10個完成
まだ追加が10個以上 ̄(´。`) ̄フウ ウサギの目は真っ赤か 目薬さしまくりだわ(笑)

c0016642_1982469.jpgc0016642_17474258.jpg








c0016642_17485417.jpg

[PR]
by takara-usagi | 2006-03-17 18:18 | グラスリッツエンetc

いっぱい遊んだぞ~~☆

ハードな一日のはじまり
昨日 2時間のバイトを終えてから・・・

ステンドグラスの展示会を観てきました
作られてる先生は宇佐美フサさんで、コテコテの大阪の“おばあちゃん”って感じです
波瀾万丈な人生の為に、よく取り上げられて有名な人で、ステンドグラスはご主人が
亡くなられた60代から始めて、今84歳現役バリバリです。 全てに意欲的で、毎年
ヒマラヤに行ってヨガ・修行をされています。ステンドグラス教室もヨガ教室もあり
自分でHPを書きたくて今年から ローマ字から勉強されています とにかく
生きることも そして毎日がバイタリティで私など完全にパワー負けしています
(駐車する車の中から先生が・・自分で運転してるけど大丈夫なのかな・・・^^;)
c0016642_13565523.jpgc0016642_1357850.jpg








芸術を観るとお腹が空くもので・・関係ないか(*'-'*)エヘヘ
近くでランチにしました 久しぶりにお肉食うぞ~~
c0016642_1405771.jpg




「写真撮っていいですか?」
で撮らせてもらいました
きっと緊張してるぞ ̄( ´艸`) ̄ムププ

c0016642_1413415.jpg

コックさんが「カメラ準備いいですか」って
気を使ってくれて優しいお兄さんです
ブランデーをかけるシャッターチャンス
失敗は許されないぞ!(笑)
お肉も料理も美味しかったです
とても感じのいいお店でした


お腹一杯になったところで、一緒に行った友達のご主人が趣味で借りてる畑に・・・
プチ農業体験です(`^´)┘エイ!(`^´)┘エイ!(`□´)/オー!!
ミカン狩りをさせてもらったり、畑に入って白菜・菊菜・大根・山芋・ネギ
菊の花とレモンバームなどなど盗らせてwじゃなくて収穫させてもらいました
手に持ちきれないくらい両手に一杯のお土産です
11月終わりだと言うのに、あたたかくてとても気持ちいい日でした

c0016642_1451544.jpgc0016642_1452739.jpg








その足で新鮮な沢山の野菜を母のところに持って行って家に帰ると
もうクタクタ ヘロヘロな一日でした 今夜も爆睡だな(笑)
[PR]
by takara-usagi | 2005-11-27 19:53 | グラスリッツエンetc

ヨーロッパの伝統的なガラス工芸
グラスリッツェンとは、先端にダイヤモンドの粉末をつけたダイヤモンドポイント針を
使ってガラスの表面を削りその白さの濃淡で絵や模様を表現します

固いガラスだとピンピンと亀裂がはしり細かく輪郭がとれない
いいガラスだと柔らかく削りやすいけど削りすぎたり薄いので気を使う

ハンドメイドなので、下手なぶんは味があると思ってもらえたら・・・(笑)
グラスリッツェンはどんなものか こんなんです ̄(=^^=) ̄∂ ポリポリ!

c0016642_14164378.jpgc0016642_1417851.jpg








c0016642_1418759.jpgc0016642_14183099.jpg








c0016642_1420768.jpgc0016642_14204980.jpg








c0016642_14222835.jpgc0016642_1422582.jpg








c0016642_1424186.jpgc0016642_14243723.jpg








宝石箱?私はキャンディ入れにして使ってます 
グラスにイニシャルや名前など入れたりします家においてるもの(Maiは私じゃないよw)

c0016642_14263679.jpgc0016642_14265033.jpg
[PR]
by takara-usagi | 2005-11-21 22:21 | グラスリッツエンetc

グラスリッツエン☆

最近疲れている原因に、グラスリッツエンをしています
グラスやガラスものに、削りながら模様を入れていきます

ある喫茶店に、私のグラスリッツエンを置いてくれる話しがあって
そこに置く作品を作っているのです
プレゼントやバザーに出したりして手元には残っていないので
あらたに作ることに・・・ これが思ったより大変な作業で
 
一日一個程度出来ていますが 目は疲れるし首は痛くなるし
売れたとしても儲けなどでません。今は、まとめて作っているので しんどいだけです
ギャ~~ストレスたまる~~ もうヤダヤダ~~ うぎゃ~~ うおぉぉぉ~~ 

今までに出来たもの
フォトフレーム テーブルミニランプ 一輪挿し ワイングラス お皿 キャンドルポット

やはり趣味が一番いいと つくづく思う今日この頃です  ̄(´Д`) ̄ =3 ハゥー
[PR]
by takara-usagi | 2005-11-20 17:27 | グラスリッツエンetc

今日プリザーブド・フラワーの作品展を見てきました
今までは押し花やドライフラワー、アートフラワーなど花を残すものがありますが
これは始めてみました。 生花のように しっとりとした感触で驚きました。

華やかでとても綺麗でしたが お値段は少し高め、でも半永久的なら安いのかも・・・
(先生の話では、薔薇はフランスから取り寄せてるとか、だから高いのも仕方ないかも)
生花と違い水替えのいらないのは、怠け者の私にあってるかもヾ(  ̄▽)ゞオホホホホホ

珍しいグリーンやブルーのローズなど 無い色の薔薇が作れたり
ユーカリの葉などは匂いも残っていました・・・

c0016642_2092522.jpg

c0016642_20125867.jpg

c0016642_20183565.jpg


プリザーブド・フラワー(Preserved Flower)とは・・・保存されたの意
始まりは20年前からヨーロッパ イタリアでグリーンもの観葉植物などそしてフランス
では花物を作りはじめました。 今までにないタイプの新しい花の名称で、
生花を特殊加工することで色鮮やかな美しさと柔らかな質感、長期間に渡って
保つことの出来るお花です。

欧米では特に、グリーンものが多用されて 90年代からファッショナブルな空間や
ラスベガスのホテル 香港空港ロビーなどで 数メートルのパームヤシが多数設置
されています。海外ではインテリア雑貨として、日本ではウエディングの飾りに
最近では院内感染など生花の渡せない病院のお見舞いのお花などにされてるそうです。
( ^-^)_∠※花束

作り方
① 脱水工程(4~6時間)・・・プリザーブA液に4~6時間浸ける。
  生花の樹液を抜いて白い花にする
② 浸透吸収工程(12~24時間)・・・色のついたプリザーブB液に12~24時間浸ける。
  好きな 色に染めることができる
③ B液の洗浄(5~10分)・・・プリザーブA液に、5~10分浸ける。
④ 乾燥・・・A液から取り出して自然乾燥させる。
[PR]
by takara-usagi | 2005-04-15 20:50 | グラスリッツエンetc

グラスリッツェン

グラスリッツェン
ヨーロッパの伝統的なガラス工芸です
先端にダイヤモンドの粉末をつけたダイヤモンドポイント針を使って
ガラスの表面を削りその白さの濃淡で絵や模様を表現します
まだまだ 下手だけど、作品がまた一つ二つとふえると嬉しい・・・
( バザーでは、買って下さった方 ありがとうございました )
c0016642_18321926.jpg
c0016642_18243128.jpg
c0016642_1814346.jpg
c0016642_18113366.jpg
c0016642_18282638.jpg

[PR]
by takara-usagi | 2004-12-22 18:46 | グラスリッツエンetc