中国茶

友達のところで中国茶をよばれました
中華料理の時に、烏龍茶やジャスミン茶は飲みますが、正式に入れてもらったのは
始めてなので、大変面白かったです。

青茶 (台湾茶) 聞香杯を使った「聞茶」香りを愉しむ台湾茶でした。
c0016642_21434311.jpg 
a 〓 茶杯 
b 〓 聞香杯 香りを愉しむための茶器
c 〓 聞香茶托 聞香茶托の他 菓子皿にもなる
d 〓 茶壺(ちゃふう) 
e 〓 茶海 お茶を茶海に移すと味が均一になる
f 〓 茶船又は茶盤 工夫式で溢れる時に便利 お湯を受けるため



c0016642_22349100.jpg
g 〓 ツールセット 茶杓・茶通・茶則・ 茶鋏 ・茶漏








c0016642_2281459.jpg凍頂烏龍茶  蘭のような清楚な香りで口当たりがいい 花粉症にもいいらしいです
中国では、冷たい烏龍茶は身体を冷やすと嫌うので夏でも熱いので飲むそうです。
c0016642_22989.jpg










c0016642_2215391.jpg1,道具を温めてお湯の無駄ないよう、茶壺→茶海→茶杯の順にお湯を移します
2,茶壺に茶葉をいれます。 凍頂烏龍茶は、茶壺の底が隠れる位に葉をいれます
3,お湯を注ぎ、泡を除いてから蓋をして上からお湯を回しかけて、いい香りがして30秒から1分ほど蒸らします。 茶海にお茶をあけます




c0016642_22162420.jpg4、茶海から聞香杯にいれて、茶杯に移します。 聞香杯に残った香りだけを愉しみます
5,一煎目は捨てます。 二煎目から茶杯に入れ分けます。八煎ぐらいまで飲めますが、いいお茶になると十煎まで美味しく頂くことが出来ます(だんだん、蒸らす時間を長くすれば、同じ味わいでいただけます)茶杯で五杯のむとカップ一杯くらい飲んだことになります



c0016642_22171857.jpg
花茶 ジャスミン茶で、 優しい花の香りにスッキリとした後味で
「 癒されそう・・・ 」 って感じです爽やかな風味でした
お茶に花を混ぜて香りをつけているのですが、最後に花を取りのぞくので、いいお茶は丁寧に花を取り除いているが、安いのは花が入れっぱなしであるそうです。 花の少ないのがいいそうです。




友達は本当は、紅茶が専門で 紅茶を美味しくいれたくてイギリスまで留学して勉強したそうです
次は、紅茶の美味しい入れ方をレポートしたいと思います。
[PR]
by takara-usagi | 2005-01-21 22:52 | お店/食